駆け出しデザイナー&日曜版画家たかだの日々のあることないこと (※作品写真の無断使用は禁止です)


by makikokima0517

33

ずいぶん永らく日記を書いていなかった、、、
あまり書くことが無かった
というか、何を書いていいのやら、という感じです。
というかここを見ている人ってまだいるのだろうか。

先日33歳になりました。
占いによると運命YEARなんだそうです。何が起こるのだろう、、、
起こるとしたらたぶん仕事のことな気がしますが、いい加減落ち着きたいよと本人は思っています。

*****

最近、「はじまりのうた」のこの曲ばかり聴いています↓

ここはやはりアダム・レヴィーンではなくキーラの方で。
私は前から素朴女の子声?が好きで、ジョアンナ・ニューサムとか青葉市子さんとか大好きなんですけど、これはかなりドンピシャ。(そういえば先日行った手嶋葵さんのライブとても良かったな、、)
映画そのものもなかなか良かったです。あっさり味ですが。
女の子声の何がいいかって、あの少し狂気めいた感じ、、SEX:女が女の子でいるには何かしらの狂気が必要というか、それがちらちら垣間見えるのがいいです。女の子はナチュラルなクリーチャーという気がします。その魅力はたぶん、男性と女性とでは捉え方が違うんだろうなと思います。

そんな折、能町みね子さんのこんな記事が気になったりして。
ニンフォマニアック
R18と相当ハードそうだな、、と思いながらググると、去年公開だったみたい。何故今(FBの)タイムラインに流れているかは不明。
DVD出てるかな、と思って更にググると英語版でpart1は全部動画が上がってた。しかも無修正。
全部は見てないですが、これにモザイクかけたらOH画面全体がモザイクなんじゃないかっつーくらいの感じでした。
、、とまぁそれはいいのですが、「恋愛に屈しない生き方」というのがとても気になって、記事を読んだら面白かったです。なるなる。
確かに、世間は恋愛で溢れてるなと結婚してから気付きました。歌も漫画も小説もやはり恋愛ものが多いし、モテを意識した商材もたくさんある。でもモテも恋愛も必要ない人も実はけっこういるのでは?
私はたぶん独身の頃から、恋愛よりも人とは何か、、、みたいなものの方が気になっていた方だと思うのですが、それでも恋愛対象外の存在になってからより一層感じます。
みんなもっとジョジョみたいな人間讃歌すればいいのに。
と、なんかあっさりまとめてしまいましたが、
やはり「こうでなければならない」「普通はこうである」「こうであるのが幸せ」という画一的な思考はもう終わりにして、それぞれの生き方を認め合って良い意味で干渉しないような方向になっていかないと、この先どんどん社会が尻すぼみになっていきそうな気がします。
みんなが色々なことに気付いてしまっていて、同じ方向を向くことなんてできないから、無理にそうすると歪みが起きて悲しいことがたくさん起こるのでは、と思う。

****

ふだんただぼんやり生きているだけなので、たまには真面目に考えねば、、、と思うと、
ブログを書くのはなかなか自分のためにいいな、と久々に書いて思いました。
[PR]
# by makikokima0517 | 2015-05-31 02:27

立ち位置定まらず

自分は自分だと分かりつつも、立ち位置が分からず迷走中…。
結局何らかの肩書きが欲しいのかな。
不安なことが多過ぎるのもある。
[PR]
# by makikokima0517 | 2014-12-07 11:01

深い海

秋の空はなんだか海っぽい。
どこか遠くに行きたいなー。
[PR]
# by makikokima0517 | 2014-10-29 23:25

ひとのことは話せない

f0217930_22485263.jpg


もうすっかり秋の雰囲気ですね。

うちは5階なんですが、
窓が結構有るので風が吹き込むのが気持ちいいです。(川崎だけどね、、)
これで周りが海に囲まれてたらすごく幸せだな〜なんて妄想していたりします。
エターナルサンシャインで、ベッドが砂浜にぽつんとある場面があったけど、あんな感じがいいなー。

******

最近、会社でけっこうな事件があってまた色々考えてしまいました。
働くって難しい。色んなことを気にしなくちゃいけないから。
そして、一番難しくて大変なのは人同士の思惑のすれ違いだなと。
まぁ会社だけじゃなくて人の集合体って全部そうかな。
もっとみんなポジティブに自分のことだけ考えればいいのに。
自分が満足していればそれでいいはずなのになぁ。

******

1人でいる孤独よりも2人でいる孤独の方がもっと寂しいとよくいうけど、
2人から1人になったときの孤独はどうなんだろう。
思い出の余韻ってどこまで続くものなのかな〜。
結婚っておもしろいなと最近思いました。
[PR]
# by makikokima0517 | 2014-09-15 22:41

f0217930_1274236.jpg


こんにちは。長らく間が空いてしまいましたが元気に過ごしてます。
しかしなんだか7月はずっとトイレの事ばかり考えていて、あっという間でした。
(海外で過ごすにあたり最大の問題だと思う)

お盆休みになったらアレしようコレしようと考えていたものの、実際はぐでぐで寝てばかり、、。怠惰の極みご飯です。
そして気が付けば折り返し地点。
というわけで昨日は一念発起して、富士吉田にある友人のオープンアトリエに行ってきました。
OPEN STUDIO
いや〜すごかった。とりあえずスケールが。
私が思い描くペインターのスタジオってこんな感じだなというスタジオそのものでした。
4人のグループ展スタイルだったのだけど、どれも開放感があって良かった。
これから売れそうだな〜と思う作家さんもいた。純粋にいいなぁ。

色々お話して、作品についてとか、思うところはたくさんあったけど
一番む〜と思ったことは、女性作家が制作を続けて行くことについて。
私はどうも「女性は〜」とカテゴライズして考えてしまうことがあって、それは良くないなぁと分かっているのだけど、
やはりどうしても性別からくる情緒性っていうのは完全に見えてしまうと思う。
そしてその女性特有の情緒性が、何が何でも制作を(仕事を)続けていくという選択を阻んでしまうのかも、、と思う。
何かに向けて強く進んでいく時に、何かを犠牲にしたり野心をもったり人を傷つけてしまうことがあって(まぁその茨の道具合によるけど)、その事にその情緒性故に苦しむから。
でも、そういう、言葉の端に浮かぶものを捉えたり雲の揺れる部分を見たり曖昧なままに会話を終わらせることのできる情緒性の美しさは素晴らしいところもあって、それを作品に投影してくのは貴重なことだなぁと思うのです。

だから女性作家が歳を重ねる毎に減っていってしまうのは勿体無いなぁと思う。
何人もそういう友人を見てきたから。
そして自分もそうなのです。
作家より仕事をすることを選んだけど、やっぱり諦めきれずにたまに絵を描いてみたり、近くに居る人を応援しようと思ったり。

なので、今描ける環境にある女性作家はどんどん頑張っていって欲しいなぁと思うのです。
[PR]
# by makikokima0517 | 2014-08-14 12:43